Open & Flow ~しなやかに、凛として~

いまを十分に味わいつくすこと。 チネイザン、Flow、気功、瞑想、・・・楽しみながら探究中です。

Archive [2011年02月 ] 記事一覧

四十肩のその後

四十肩はテーピングでとアイシングで、ある程度痛みを抑えてからようやく金曜日に矯正となりました。そして、今日で3日目、朝起きて腕が痛むこともなく左手で軽いものなら持てるようになり洗いものも、料理もできるようになりました。そして、着替えも!なによりもずっと続いていたズキズキとした痛みが消えました!この間、仕事が終わって家に帰ると、氷のうでアイシング。ごはんを食べてお風呂に軽くはいったら(温めると治りが...

連鎖反応

ここのところ、年末からの走りすぎがたたって体中が故障していました。日曜日にぎっくり腰火曜日のお昼に顎関節症水曜日の朝に四十肩を発症しました。たった4日間の間にこんなにも連鎖して故障するなんてロミオとジュリエット並の展開ですぎっくり腰をクリアしたかと思ったらランチを食べているときに急にあごに痛みが走り噛むことができなくなってしまいました。もちろん、口も開かず・・・先週から続いていた左の偏頭痛の原因は...

順調に復活中

魔女の一撃といわれるぎっくり腰。ブログを読んで、心配してメールくださった方々ご心配おかけしてすみませんやさしいメッセージに感動です。今回は早目の対処が奏功して1日にして復活の予感がします。今日は電車の中は立っていて職場でもなるべくこまめに立ったり足踏みをしていました(あやしい!?)帰ってきてからはいったん腰を伸ばして今晩もひたすらアイシングしています。明日の朝はウォーキングして明日も同じようになる...

ぎっくり腰

久しぶりに、ぎっくり腰をしてしまいました重いものを持ち上げたときに??しばらくして、痛みがやってきました。ここしばらくウォーキングをさぼっていたのと座り仕事が多かったので骨盤が開き気味だったのですね~。そこに、最後の一撃が・・・最初はズキズキぐらいの痛みだったのでとりあえず、ウォーキング60分。少しは骨盤が締まった気がするけれど痛みは一向に減らないので氷のうをとりだし、アイシング。とにかくずっとアイ...

熱の風邪対処法

おとといの夜、急にのどの痛みで目が覚めました!ウィルス感染の「熱の風邪」特有の痛みだったのですぐに天津感冒片を4粒。そして、お湯をたっぷり沸かしてティートリーとユーカリオイルを洗面器にたらししばし芳香浴。アロマに出会った当初頻繁に熱の風邪にかかっていた私にとってユーカリとティートリーの香りはなつかしいものです。と、同時にこれで完璧!とホッとします。最近はめっきり風邪をひかなくなったのですがあれ?と...

中医アロマのケーススタディ、続行中

1月に中医アロマセラピーの集中講座を終えて本業に復帰したら怒涛のような仕事の日々が待っていました(笑)しばし、現実の仕事をこなしながらも中医アロマセラピーの勉強とケーススタディを続けています。中医学の弁証論治は、クライアントのいろいろな症状からその状態、性質や関連する臓器を特定していきどのようなアプローチをしていくかの方針を決めていきます。急性なのか、慢性なのか熱の症状なのか、寒の症状なのか血やエ...

雪景色の夜に

昨晩は、きれいな雪景色でした。小学生から高校生にかけて冬休みと春休みはいつもスキー場ですごしていたので雪をみると懐かしい気分になります。吐く息は白く顔も冷たく凍えるようで寒いリフトに乗って頂上に行って必死の思いで降りてくる何度もこけて泣いてうまくできないのがくやしくてでも、そのうち余裕ができてくるとそのスピード感がやみつきになりました。そして、雪に包まれた山々の凛としたすがすがしい空気やふわっとし...

走り続けてます(笑)

今年に入ってから、ブログの更新がままならなくて気がついてみれば、2月初のブログあっという間に旧暦の新年&新月も終わってしまいました。チネイザンの100ケーススタディを終え無事プラクティショナーになったものの、同時期に中医アロマセラピーの集中講座に参加しまたまたケーススタディを始めています。私は太陽の星座が牡羊座なのですが今年に入って、拡大の星である木星が牡羊座入りしたからかめまぐるしい変化が起こって...

ご案内

プロフィール

apricot333

Author:apricot333



セラピスト、杏香です。

ストレス発散のためにスポーツクラブに通ううち、身体の故障に悩み、ピラティスやジャイロキネシス、アレクサンダーテクニークを経験しました。その後、ハードな仕事のストレスで、心身ともに不調になり、セルフケアのために、中医学、中医アロマセラピー、ユング心理学やフェルデンクライスを学びました。

2008年にTaoZenの気功と瞑想に出会い、身体だけでなくこころにも響くプラクティスに感銘し、代表の大内雅弘氏に師事。2009年には、内臓にアプローチするホリスティックセラピーである、「チネイザンプラクティショナー養成講座」を修了。私たちの身体が生まれ持っている治癒力を引き出し、本来のバランスに近づけ、そして感情やさらに深い部分にまでアプローチする奥深さに感銘を受けつつ、学び続けています。

現在、土日祝を中心に、東京・阿佐ヶ谷にてセッションを行うとともに、「チネイザンプラクティショナー養成講座」アシスタントインストラクターとして、プラクティショナーの養成に携わっています。


❥「チネイザン(気内臓療法)」とは、古くからタオに伝わるセラピーです。東洋医学では、内臓と感情には深い関係があるといわれています。また、おへそはお母さんのおなかにいたときに、つながっていたところ・・・生命の誕生に密接にかかわり、自分の中の深い部分へとつながっています。

チネイザンでは、おへそから始まり、おなかを中心に腸や内臓にアプローチをする施術を行います。身体と感情のバランスを整え、潜在的な生命力を引き出していきます。自分自身にくつろぎ、本来の魅力やパワーを発見し、開放していくお手伝いができればと思います。

身体とこころが深くリラックスし、本来の自分に戻ったときの心地よさをぜひ感じて、味わってみてください。

❥新オリジナル・メニュー「Flow(フロー)」は、着衣のまま、床に寝ていただき、ごくごく小さな動きを繰り返し行っていきます。言葉の誘導に合わせて、できる限りゆっくりと、小さく動かしていくことで、身体の骨や筋肉の連動性を感じていただき、感覚をつないでいきます。また、より筋肉や骨の動きを感じやすいよう手でサポートもしていきます。そうすることで、自然と凝り固まっていた部分がゆるみ、自然な流れと本来の動きを取り戻していくことができます。
ミクロの動きとゆったりとした呼吸。
この身体の芯からゆるみ、整った感覚は、深いリラックスへも繋がっていきます。セッションの内容は、ご自身のセルフケアとしてもご活用いただけます。

資格
☆日本チネイザン協会認定 チネイザンプラクティショナー(レベルⅡ)
☆ユニバーサルヒーリングタオ公認チネイザンプラクティショナー

「からだをゆるめて、流れを感じるワークショップ」も随時開催中です。


詳しくは、ホームページへ
詳細は→ http://celeste333.web.fc2.com




最新記事