Open & Flow ~しなやかに、凛として~

いまを十分に味わいつくすこと。 チネイザン、Flow、気功、瞑想、・・・楽しみながら探究中です。

Archive [2010年10月 ] 記事一覧

基本の大切さ

もう11月ですね~。あっという間に年末です…。毎年このくらいの時期になるとそろそろ一年も終わりに近いなぁと思います。私の職場では、毎年7-8名の研修生を受け入れていて私のところにもひとり。2003年から8人。いろんな子が巣立っていきました。面白いのが、一緒に1ヶ月ほど働くとその人が将来どのくらいのポジションに行くのかが大体わかるような感じがします。そして、その認識は国が違っても共通だし、結果も外れ...

養生の季節

漢方と食養生、睡眠が足りてきたのか体調が戻ってきました。秋は、寒い冬に備えてなるべくエネルギーを消耗せずに、蓄えていくのが大切な季節です。早寝遅起夜早く寝て、朝もゆっくり起きるのが基本。食欲の秋だけれど身体を冷やさないように温かい食べものをほどほどに食べるのも大切です。目で食べたいものと身体が必要としているものも違ったりするので食べる前にもう一度考えること。ほんとにお腹が空いているのかも確認。なぜ...

ダラムシャーラーへ

来月、インド・ダラムシャーラーに行くことにしました。ずっとチベットに行きたいと思いつつ延ばし延ばしにしてきた旅。チベットは中国の監視下で、命の危険も感じたのでチベット難民たちがいる周辺諸国のチベット圏をリサーチ。最終的に、ダライラマ法王がいらっしゃるダラムシャーラーを選びました。海抜1800メートルの高山はきっと寒いのだろうけど冬の凛とした冷たい空気が好きな私はそれもいいかもと思っています。行こうと決...

リーダーに求められること

今日はチリの炭鉱に閉じ込められていた33人全員救出のニュースが席巻していますね。69日間も暗い閉鎖された空間で過ごすのは精神的にも体力的にもとても厳しかったと思います。かつて、20分ほどエレベーターに閉じ込められたことがあり以来、閉鎖空間が不得意になった私としてはすごい!としか思えません。とにかく全員無事でよかったです☆私のエレベーター閉じ込められ事件は・・・。仕事であるアパレル工場に訪問したときのこ...

いっぱい遊んだ

今日は秋晴れ、快晴ですね!この週末は遊びました!!土曜日の夜はユング研究会の面々とトルコ料理に。溜池山王にある「アセナ」で、トルコワイン6杯試飲&ビュッフェで5000円ポッキリ(←もはや私語かもしれない)という超太っ腹な企画でした。スペインやフランス、イタリア系のワインを飲みなれているのでトルコワイン自体は、さっぱりしていて物足りなかったですがお料理がと~ってもおいしかったです!ひよこマメのペーストラ...

No rain, No rainbow

No rain, No rainbow昨日の朝、地下鉄の前の席に座っていたぽっちゃりおじさんのTシャツに書いてあった言葉。雨が降らなければ虹はでない。雨が降ったから必ず虹は出るわけではないけれど雨が降らずして虹は出ない。(ま、大きな滝のそばに行くと出てるなんてツッコミはちょっと横に置いて)雨まっただ中にいるとき早く晴れないかなぁと思ったり雨に濡れないようにしようとかとかく過ぎ去ることにばかり目を向けてしまいがちだけれ...

秋ですね

今日は気持ちのいい秋晴れですね~。秋の空はこうでなくっちゃ!街を歩いていても、ふと金木犀の香りが漂い、秋を感じますね。今日も窓を開けて金木犀の香りを楽しみ鳥や虫の声を遠くに聞きながら仕事をしています。ここのところチネイザンやTaoZenのワークショップや仲間たちとの交換セッションでとても忙しい日々を送っていました。連日外食続きのうえ、寝る時間が翌日になるとさすがに疲労困憊ブログを更新する気力も体力...

ご案内

プロフィール

apricot333

Author:apricot333



セラピスト、杏香です。

ストレス発散のためにスポーツクラブに通ううち、身体の故障に悩み、ピラティスやジャイロキネシス、アレクサンダーテクニークを経験しました。その後、ハードな仕事のストレスで、心身ともに不調になり、セルフケアのために、中医学、中医アロマセラピー、ユング心理学やフェルデンクライスを学びました。

2008年にTaoZenの気功と瞑想に出会い、身体だけでなくこころにも響くプラクティスに感銘し、代表の大内雅弘氏に師事。2009年には、内臓にアプローチするホリスティックセラピーである、「チネイザンプラクティショナー養成講座」を修了。私たちの身体が生まれ持っている治癒力を引き出し、本来のバランスに近づけ、そして感情やさらに深い部分にまでアプローチする奥深さに感銘を受けつつ、学び続けています。

現在、土日祝を中心に、東京・阿佐ヶ谷にてセッションを行うとともに、「チネイザンプラクティショナー養成講座」アシスタントインストラクターとして、プラクティショナーの養成に携わっています。


❥「チネイザン(気内臓療法)」とは、古くからタオに伝わるセラピーです。東洋医学では、内臓と感情には深い関係があるといわれています。また、おへそはお母さんのおなかにいたときに、つながっていたところ・・・生命の誕生に密接にかかわり、自分の中の深い部分へとつながっています。

チネイザンでは、おへそから始まり、おなかを中心に腸や内臓にアプローチをする施術を行います。身体と感情のバランスを整え、潜在的な生命力を引き出していきます。自分自身にくつろぎ、本来の魅力やパワーを発見し、開放していくお手伝いができればと思います。

身体とこころが深くリラックスし、本来の自分に戻ったときの心地よさをぜひ感じて、味わってみてください。

❥新オリジナル・メニュー「Flow(フロー)」は、着衣のまま、床に寝ていただき、ごくごく小さな動きを繰り返し行っていきます。言葉の誘導に合わせて、できる限りゆっくりと、小さく動かしていくことで、身体の骨や筋肉の連動性を感じていただき、感覚をつないでいきます。また、より筋肉や骨の動きを感じやすいよう手でサポートもしていきます。そうすることで、自然と凝り固まっていた部分がゆるみ、自然な流れと本来の動きを取り戻していくことができます。
ミクロの動きとゆったりとした呼吸。
この身体の芯からゆるみ、整った感覚は、深いリラックスへも繋がっていきます。セッションの内容は、ご自身のセルフケアとしてもご活用いただけます。

資格
☆日本チネイザン協会認定 チネイザンプラクティショナー(レベルⅡ)
☆ユニバーサルヒーリングタオ公認チネイザンプラクティショナー
☆AFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)認定ティーチャー

2015年より、女性性を開花し、自然に魅力をアップするのためのプログラムAFP(アート・オブ・フェメニン・プレゼンス)のワークショップを始めました。女性限定の5週間にわたるワークです。

「からだをゆるめて、流れを感じるワークショップ」も随時開催中です。


詳しくは、ホームページへ
詳細は→ http://celeste333.web.fc2.com




最新記事